2015年07月31日

工藤証券印刷所(大阪)が事業停止 自己破産申請へ 負債10億円

 ㈱工藤証券印刷所(大阪市東成区東今里2-9-13)は7月13日に事業を停止。事後処理を弁護士に一任し、自己破産申請の準備に入った。負債は約10億円。
同社は昭和23年創業、昭和25年5月に法人改組したオフセット印刷業者。印刷全般のほかダイレクトメールの印刷も手掛けていた。近畿圏の印刷業者からの下請け受注を中心に平成20年3月期の年売上高は約8億1300万円を計上していた。
しかし昨年夏に発覚した大手教育事業会社の顧客情報漏洩事件のあおりを受けてダイレクトメール印刷関連受注が大きく減少。平成27年3月期の年売上高は約6億2000万円までダウンし、採算が悪化。ここへきて事業継続を断念した。
posted by 泉 at 14:04| Comment(0) | 信用情報 | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

美術出版社(東京) 民事再生法の適用申請 負債19億6,300万円

 ㈱美術出版社(東京都千代田区)は3月4日、東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。
 同社は明治38年創業の老舗で設立は昭和19年3月。月刊誌「美術手帖」を看板雑誌に、美術・デザイン・建築物などの芸術分野に関する雑誌、書籍の出版を行い、ピーク時の平成21年9月期には売上高約17億4,400万円を上げた。
 しかし、その後は出版物販売の伸び悩みで売上が減少。平成25年3月期の売上高は約11億3,400万円に低下し採算が悪化。借入金の負担も重く、今回の措置となった。
 負債総額は約19億6,300万円。
posted by 泉 at 16:35| Comment(0) | 信用情報 | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

オオサカ・パック破産開始決定 負債5億2500万円

 紙袋製造のオオサカ・パック㈱(大阪市西成区出城)は3月13日、大阪地裁より破産開始決定を受けた。負債額は約5億2500万円。
 同社は昭和31年(1956年)、大阪紙袋工業㈱として設立。一般容器、コンテナバッグ、ポリ重袋、段ボールケースなどを大阪府下中心に関東や九州まで販売していた。
 ピーク時の平成6年(1994年)12月期は約11億円を計上したが、その後の需要減少や販売価格低下などにより、平成25年(2013年)12月期の売上高は約5億1200万円まで落ち込んでいた。
 過去からの借入金の負担が重い上、利益率の低下で資金繰りが悪化した。
posted by 泉 at 11:54| Comment(0) | 信用情報 | 更新情報をチェックする