2015年03月09日

富士精版印刷 創業65周年迎え企業体質強化を宣言

富士精版印刷・石川会長、里永社長h27.3.9.JPG 富士精版印刷(本社・大阪市、里永健一郎社長)は昭和25年6月の創業以来今年で65周年を迎えている。里永社長は就任して2年目になる今年、年初に次の4つの重点項目を社員に示した。
 ▽当社は生産会社であり、設備のフル稼働を目指す。そのために、受注拡大に全力を尽くすこと▽市島工場改革委員会を立ち上げ、市島工場の黒字化に向けて改革を推し進めること▽品質管理をさらに強化し、事故撲滅を全力でやり遂げること▽社内のコミュニケーションを活発にするために、挨拶の励行と横の連絡を徹底すること――など。
 また、この4点を踏まえて各本部長が策定した今年の合言葉を先月開催した取引先の会「富士会」で会場に掲示した。その合言葉は、▽営業本部は開発、開発、開発と収益力アップ▽生産本部は業務効率化と原価管理の徹底▽製造本部は技術力強化と生産性向上▽品質管理室は作業標準の見直しと不適合撲滅▽管理本部は社員教育と財務体質の強化――など。
 そして、「全社挙げて業績向上に努め、創業65周年を立派な成績で飾りたいと思う」とした。
 同社創業の頃を振り返ると、石川忠会長は大正14年、瀬戸内海に面した愛媛県川之江市(現在の四国中央市)で出生。昭和24年に慶應大学を卒業して父親(芳男氏)が経営していた大阪中央製紙(吹田市の製紙工場)に入社した。
 父親は泉貨紙生産の製紙会社をやがて整理し、昭和25年に番頭との共同出資により淀川区で印刷工場の経営を始めた。これが富士精版印刷の誕生である。
 石川会長は昭和33年に社長に就任したが、「内勤から転じたので営業は見習い。それで武田薬品の担当者から『印刷を知らない若社長』と言われた。当社の経営方針はこの時の叱咤激励がもとになっている」という。
 平成21年には「元気なモノ作り中小企業300社」に選ばれ、経済産業大臣から感謝状を贈られた。これは同社の永年にわたる「高品位印刷」などの新技術を社内だけに止めず、広く業界に公開してきたことが印刷業界の発展に寄与したと認められたもの。
 印刷機械の性能は日進月歩で進んでいるが、それでも最後は技術者の目が欠かせない。石川会長は、「例えばインク一つをとってみても、サラッとしたインクで印刷すれば水彩画のようになるし、こってりしたインクを使えば油絵のようになる」という。
 これは感覚的なものであり、印刷機械とは別に人間の感性が必要な部分である。印刷は文化産業といわれるように、人間の技術が必要。その土台となるのは芸術的な感覚である。これは今日、印刷の付加価値の大きな要素となっている。
posted by 泉 at 19:08| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください